詩の世界

心温まる、そして読む人をほんの少しでも幸せに
できるような詩を目指して書いています。
暗い詩もありますが、是非、心を空っぽにして読んで見てください。

思いやりプロジェクト
blog風日記
blog風日記
詩集No.9「温かい」
代表作 悩み 平和 君から貰った幸せ
温かい 限り ささやかな成功
温かい 始まり 無知 おじいさんのしわ
星の思い 俺の生 しるし
君の顔 しるし(二) この花
笑顔で 泣いたり笑ったり 輝く光
君に贈る花 大きな心
プール 怪物 たり
約束 10万年後の君たちへ
kiss 笑顔
重み いっぱい 小さな手
笑顔 合格 数式
ずっと 僕の腹 これから
溢れ出す 君が生きた2年 食べること、育つこと
パパ
 
全39編(更新時点)
詩集No.8「ローソクの灯」
代表作 君が死ぬ ローソクの灯 泣き虫ジュン太
俺の道 男の子と女の子 聞こえますか
ローソクの灯 カラカラ 大きな海 決まり事
そんな風景 つぼみ あふれてる 虫歯
晴れ わいかいへ なつかしい歌 静かに暮らす
そんな風景 黒い川 ありがとう
晴れ 連鎖 空きビン
から揚げ おやすみ
紳士たるものばかであれ メイル 僕は回らない
雨の降る日
テンビン 夏の朝 僕は下手
生きる 食べる? 二冊の本
食事 もっと
全38編(更新時点)
詩集No.7「悲しみをください」
代表作 小さなお話 ロープ 異世界
動物園 怯える 笑顔を贈る
小さなお話 重い槍 幸せな夢 風鈴
悲しみをください 風鈴(二) 腐敗 起きる理由
巻き貝 引力 悲しみをください
希望 空白の罪 よいこらしょ
繋がる糸 防空壕
生の証
しわ 子供の日々 会議と猫
闇の獣 高い山
全27編(更新時点)
詩集No.6「代表作なき詩集
代表作 拾う 役の中で 雨が降るように
マリオネット 宝探し 日曜の朝
日曜の朝 闇の世界 僕の生活 出てくるもの
波紋 金色の階段 波紋 オレンジ
僕の命 天気 雨が降る
入道雲 僕が旅に出る理由 スポンジの道
大きな画用紙 春の花
雨、降る 幻の城 綿菓子
やさしさの泣き声 ワッショイ 泣いてばかりのやさしさに
金色に光る手 二人の夢 窓の外の光景
中で 大きな木 得られぬ証
恐るる 昇らぬ朝日 荒涼たる道
片づけ 雑草
全38編(更新時点)
詩集No.5「古いアルバムの写真」
代表作 かけら 宝物
黒い水 糸職人 春の歌
古いアルバムの写真 古いアルバムの写真 ブランコ 青い道
綿毛 綿毛 時間 僕は笑うよ
悲しみの果て 伝えること 心地よい感じ 空が鳴る
ため息 先生 答えのない時間
時間 指揮者 悲しみの果て 老人と花
横断歩道 手話 待ってるよ
宇宙飛行士とホームレス 安住の椅子 あげるよ
ここに記す 悪意殲滅隊 君という名の病気
自画像 昼の夢 ため息
過ぎ行く場所で 吐き気 僕があまり賢くない理由
全36編(更新時点)
詩集No.4「映画」
代表作 虚影 大杉 血と肉
すずめの源二郎 男の人 かけないや
映画 この先 嬉しいこと
白い部屋 おはじき ただいま
つくりもの ロボット ジグソーパズル
動物園 出会いと別れ 山の音
賛美化 こわい 心臓の穴
歩く 寝る 質問
撃ち放たれたミサイル みつ
大好きな詩 回る 馬鹿な自分と阿呆な自分
愛しい子供達 この世に生きる人達へ
プレゼント 感謝 食事
鯉料理 犬と飼い主 映画
幼き母の涙 後悔 白い部屋
そよ風 スイッチ 明るい詩
証明 砂々 春のにおい
違う場所 心のツボ 小さなアンテナ
ヒト 世の中 言葉の海
全54編
詩集No.3「明日から」
代表作 七億五千四百三十二万
九千六百二十八本の髪の毛
陰陽 時計
明日から 銀色の雲 尺取虫 心の叫び
死にゆく人間たちへ 詩人の詩(うた) 死にゆく人間たちへ 幸せな夢
夜空に光る 語遊 60秒 ビーカーの海
殺風景 ぼお 殺風景 少し恥ずかしい詩
4月24日 明日から 火の中で
語遊二
石と紙の関係 寂しさ
ささやかな幸せ 芸術品 飛行機
日々 ことば この靴と
プールの水 新聞 夜空に光る
落楽 人達 愛する人のために
やーくたい
全39編
詩集No.2「あの街」
代表作 僕が詩を書くこと 不変的心情 静かに流れる夜に
釣りの名人と愚かな魚 戦う 原理
あの街 静止 誕生日プレゼント (題名のない未完成な詩)
サクラサクラ 絶望 僕とあなた あの街
空き缶 優しい瞳のノラ犬 現象 砂利道
僕とあなた 僕の好きな美しさ 時間 あなたが決めた価値
さらさらと 静かな夜 おじさん カマきりとバケツ
僕の人生 幸せな家族 さらさらと
人類の英知 雨が降る日
偏差値 菜の花 空き缶
サクラサクラ 空の色 透視レンズ
乾杯 エネルギー 告白
全36編
詩集No.1「落ち葉」
代表作 お通夜 留学生楼
終焉の詩 窓から見える空 留学生楼その2
落ち葉 大人※ 「30才への手紙より」 落ち葉
白の世界 夜の駅で 儚き光 愛を得ること
青いたき火 酔っぱらい 愛しき人 いけない友
人間 愛から逃げること あめの想い出
暗殺者 歩こうよ お月様
月夜の誕生日 おいしいお酒 朝日の中で
人の存在 調教されたトラ 毛糸の夢
悲しみの理由 透明人間になる日 光の速さで
最後の思い出 (未題)
白の世界 たくさんの夢 青き草
たくさんの雨 人形達 私が愛したその人
虹の橋 青いたき火 溢れ出る涙
不安の意味
全43編
更新情報

ちょっと一息・・・
コメディな詩に、コメディな解説をするコーナーです

■Home ■詩について ■管理人紹介 ■リンク ■  ■メール

Copyright (c) since 2008 純蒼 All rights reserved.
※印は非公開詩となっています。

著作権について